2004年12月09日

宴会好きのための二日酔い対策

そろそろ忘年会のシーズンがやってきました。
忘年会といえば「お酒」。
特に忙しい人は一週間ぶっ続けで飲み会に参加する
ようなこともあるでしょう。無理を続けていると肝臓
が悲鳴を上げてしまいますよ。
だからといって忘年会を欠席するわけにはいかない
事情もあります。そこでアロマの登場です。

アルコールはまず肝臓でアセトアルデヒドに分解され、
その後さらに酢酸に分解されます。飲みすぎの際、
分解の中途段階にあたるこのアセトアルデヒドが、気分
の悪さの原因となっています。そこで沐浴に利尿作用や
解毒作用のある精油を用いて汗や尿とともに悪い成分を
外に出してしまいましょう!

飲みすぎて帰った時や次の日の二日酔いの朝など、まだ
酔いが抜けていないと感じたときに試してみて下さい。


☆☆☆二日酔いキャンセルバス☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ジュニパー(利尿・解毒作用)
フェンネル(消化機能調整作用)
ジンジャー(発汗作用)
グレープフルーツ(循環作用)
ローズマリー(強肝作用)

以上の精油をお好きな組み合わせで合計5滴、ちょっと
ぬるめのお風呂に垂らして長めに浸かりましょう!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

月
posted by ・・・ at 17:26| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | アロマ&ハーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

二日酔いしない飲酒量を計算?
Excerpt: ネタフルさんの記事に興味深いものを発見しました。 ネタフル::二日酔いしない飲酒量を計算しておけ! ソース元は日経BP::二日酔いしない飲酒量は計算式でわかる!より
Weblog: (^Q^) まうんとくっく日誌
Tracked: 2004-12-10 09:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。