2004年12月20日

借金まみれの日本 - いったい誰のせい?

日本の借金は増える一方。

一人当たり借金606万円 利払いは1時間10億円に

とはいっても、国の借金と言えば国債や地方債ってこと
なんだよね。借りているのは日本国なんだけど貸してい
るのも同じく日本国民。自分で自分の首を絞めてるって
わけですな。個人向け国債とか、テレビCMまで使って販
売促進していて必死さが伝わってくる。それを情報操作
された人々がよろこんで購入していく。

割り当て予算確保のため行う行政の年末の無駄な消費。
なかなかリストラを進めようとしない巨大な行政機関。
存在意義が全くわからない数多くの天下り企業。
腹黒い政治家や公務員たちの裏金や公費の私用。
働かない、納税しない、年金払わないワカモノ達。

様々な要素が絡み合ってそのツケは真面目に働いて国を
支えている人々に回ってくる。かつてのヨーロッパ帝国
主義の時代と何も変わっちゃいない。搾取されるのは、
常に一般市民であり、一部のお偉方が利益を貪る構図は
民主主義の壁に隠れて今なお図々しく息づいている。
若者が年金や納税から逃げるのも、そういった政治家達
へのささやかな抵抗とみてとることもできる。

権力を手にしたら三日でバカになるという。
何の恥じらいも無く「記憶にございません。」とバカの
ひとつ覚え。
国民を導くべき指導者が、寄生虫のように国民から金を
巻き上げる。まるで現代日本のパラサイト家庭がマクロ
化されているかのようだ。傲慢だね。


関連情報
日本の借金時計
日本の借金時計A

死
posted by ・・・ at 13:24| デリー 🌁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。もちろん、国によるムダは許されざるべきことですね。
ご指摘のように、「借りているのは日本国なんだけど貸しているのも同じく日本国民」ですね。ただし、それにはそれなりの理由があります。財政赤字分は、国家によって、経済規模維持のために消費されている分と考えることもできるからです。(http://f47.aaa.livedoor.jp/~gijutsu/blog/blog6.html
これからも楽しみにしております。
Posted by kanconsulting(かん) at 2005年01月11日 00:47
コメントありがとうございます。
リンク先にあった「ある王国の例」。とても参考になりました。
国民が将来を不安に感じて、貯蓄を開始することが負の連鎖のトリガーになっていますよね。
人の人生がその人の精神の持ち方しだいで変化していくのと同様、国家の経済も国民の精神状態の総意が景気に影響を及ぼす根本なのかもしれませんね。
ちょっと論点がずれました…(笑)
とても勉強になりました、これからも遊びにきて下さい。


Posted by Mikura at 2005年01月11日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1344876
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

金融機関の保有する国債
Excerpt: 日本国債の86%を、銀行や保険会社、日銀などの金融機関が保有しているということです。 日経の記事より引用します。 【引用開始】 銀行や保険会社、日銀などの金融機関が抱える国債の残高が、過..
Weblog: 国家破綻研究ページ
Tracked: 2005-01-11 00:40

格付けされる地方自治体
Excerpt: 東京都(AA+) 横浜市(AA+) 川崎市(AA) 愛知県(AA) 福岡県(AA) 北海道(AA−) 兵庫県(AA−) 大阪府(AA−) 上の格付けは住みやすさや便利さの指標で..
Weblog: 為替王
Tracked: 2005-04-25 16:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。