2005年03月16日

七つの大罪を切る - 嫉妬の巻

妬みのはさみのちからには

けっしてとらわれてはならない

嫌らしい嫉みの悪気を感じたら

くもの糸のはなしを思い出そう

蜘蛛の糸を手に入れたカンダタは

妬みのはさみにからめとられて

地の底に落とされるハメになった

追従する妬みの徒どもに気付かず

昇り続けていれば良かったのだ

嫉妬に怯えた者は昇り続けるのをやめ

下ばかり気にするようになってしまう

耳をふさいで昇り続けることだ

あなたにそれができるのならば

まばゆい極楽の蓮池もすぐそこだ




芥川龍之介「蜘蛛の糸」を無料で読めます→
七つの大罪 - 嫉妬

嫉妬
posted by ・・・ at 11:20| デリー 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ミクラリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。