2005年04月27日

七つの大罪を切る - 傲慢の巻

傲慢とはあなたの弱さだ
偉そうに強がってみせても
魂の奥底で震えている自分がいる

何か大きなことを成し遂げたとき
大勢の中からひとり選ばれたとき
ライバルたちを打ち負かしたとき
みんなの羨望のマトとなったとき

過信と自惚れの種が心に撒かれ
他人の嫉妬という水でもって成長
やがて心には醜く根を張り巡らせた
傲慢の大木がそびえ立つのである

傲慢の大木はあなたの魂から
謙虚さや誠実さを根こそぎ吸い取り
不気味な幹をただ肥大化させてゆく

全て吸い尽くされた魂は枯渇し
傲慢の大木はどんどん腐敗してゆく
異臭を放ちはじめたあなたに
誰も近寄る者はいなくなるだろう

過信と自惚れの種
これだけには注意を怠るでないぞ



関連記事:
七つの大罪
七つの大罪を切る - 嫉妬の巻
七つの大罪を切る - 憤怒の巻

傲慢
posted by ・・・ at 11:32| デリー 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ミクラリズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3179784
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。